fc2ブログ

提供者情報

提供方法

提供の流れ

精液・性病検査

ご提供実績

精液の持ち運びの際の保存方法について

シリンジ法や人工授精の際の精液の保存の仕方について、
精液の持ち運びの際の保存方法について

精子はできるだけ元気な状態で使用する方が良いのは当然ですが、
シリンジ法や人工授精・体外受精の場合、
どうしても射精から一定時間が経過した状態での使用になってしまうかと思います。
精子は射精後の温度管理がとても大切で、冷やしすぎても温めすぎてもダメです。
精子は特に寒さに弱いため、
例えば夏は車や電車内の冷房、冬は外の冷たい空気に長時間触れさせてしまうと弱ってしまいます。
人肌から常温が適温とされており、持ち運びの際にはいかにこの条件を保てるかがポイントになります。
長時間持ち運ぶ必要がある場合は特に、細心の注意を払うようにしましょう。



タオル、アルミホイル、保温バッグ(お弁当を入れるバッグ等)はほとんど効果なし!

詳しくはこちらのブログの記事をご覧ください。
https://www.sendai-art-cl.jp/blogs/%E7%B2%BE%E5%AD%90%E3%81%AF%E5%AF%92%E3%81%95%E3%81%AB%E5%BC%B1%E3%81%84%EF%BC%9F%EF%BC%81/
仙台の不妊治療専門の医療スタッフさんが検証した記事です。

こちらの記事でも、精子の運動性の低下を抑止することができなかったとあります。↓
https://www.jsar.or.jp/dissertation/2018/%E5%86%AC%E6%9C%9F%E3%81%AE%E7%B2%BE%E6%B6%B2%E6%8C%81%E5%8F%82%E4%B8%AD%E3%81%AE%E6%B8%A9%E5%BA%A6%E4%BD%8E%E4%B8%8B%E3%82%92%E9%98%B2%E3%81%90%E5%B7%A5%E5%A4%AB%EF%BC%9A%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89/



道具を使わずに保温する方法
着ている衣類の間に挟んで移動する。
胸元や腹部等の体温の高い所の傍で保温します。
容器を首から下げられるように、ひも付きの袋に入れて首にぶら下げて運ぶのも良いかもしれません。
ただし、この方法だけではやはり外気や冷暖房の影響はさけられないかと思います。



スープジャー(フードコンテナ)に入れて持ち運ぶ
魔法瓶型のスープジャー(フードコンテナ)は保温に大変優れています。

ただしサイズが大きすぎて持ち運びの際には少し不便かもしれません。
また採精カップの容器とサイズが合わずに入らないようなケースも考えられますので、
もしスープジャーを購入してご利用される際は、あらかじめ容器のサイズが合うか確認しておきましょう。

なるべくカップと容器の間には隙間ができないように、
ティッシュやハンカチ等で採精カップを包んだ状態で入れると良いでしょう。

「サーモス製」の「真空断熱フードコンテナ」がオススメです。
3000円~6000円くらいで購入できるかと思います。
家電量販店やアマゾン等の通販サイトでも買えます。



TENGAから発売の「SEED POD(シードポッド)」
そこで、TENGAから精液保存専用の容器が発売されています。

「SEED POD(シードポッド)」です。

「TENGA HEALTHCARE」公式オンラインストアで販売中です。
こちらで購入すると、専用滅菌済み採精容器(税込み330円)も1つ付いてきます↓
https://tengahealthcare.com/store/

持ち運びにはこちらの容器を使うことを推奨します。
1980円(税込み)で購入可能です。

SEED PODの保温性能については、こちらの記事に詳しく検証してあります。↓
https://www.sendai-art-cl.jp/blog_catagory/%E4%BD%93%E5%A4%96%E5%8F%97%E7%B2%BE%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%97/

精子の運動性を高く保った状態で保存が可能なようです。
不妊治療専門の病院やクリニックでも、この「SEED POD」を採用している所もあるようです。

もし依頼者様側で、ご自分用に一つ購入して用意していただけましたら、
中身の採精容器だけを入れ替えれば良いため、お渡しもスムーズに済みます。
専用の採精カップも公式通販サイトで330円(税込)で購入できます。

シリンジ法や人工授精・体外受精でのご提供を受けることを検討されている方は
ぜひご利用してみてください。

人工授精・体外受精の場合、採精カップのサイズは各クリニックによって異なります。
採精カップのサイズがあまり大きすぎると、「SEED POD」に収まりきらない可能性がございます。
あらかじめ病院から受け取る採精容器のサイズを確認しておきましょう。


「SEED POD(シードポッド)」のレビュー
実際に購入して使っています。
想像していたよりもサイズが小さかったです。

seedpod箱正面


seedpod箱裏側
箱の裏側です

説明書1
説明書2
説明書3
説明書が同封されています

seedpod
SEED POD
seedpod上から
上から
seedpod横から
横から
seedpod内側
SEED PODの内側です。


SEEDPODの内側は結構分厚い構造をしています。蓋も内側の容量をかなり占めています。
SEEDPOD自体のサイズは、高さ9cm超、直径6cm程ですが、
中に入るサイズとなると高さ6cm、直径5cmぐらいになります。
専用の容器を使用しない場合は、
かなり小さ目の容器でないと中に入らないかもしれません。

長時間の持ち運びが必要な方で、人工授精や体外受精をご検討されている方は、
これとは別に大きめの採精カップが入るスープジャーを1つ用意しておいた方が良いかもしれません。
シリンジ法のときはSEEDPODが活躍すると思います。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kounotori2000

Author:kounotori2000
吉田 実(よしだ みのる) 関西在住の精子ドナーです。関西圏(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・和歌山・三重)にお住いの方を中心に無料で精子の提供を行っています。シングルマザーを希望の方や男性不妊の方等、精子が欲しいという方に無償でO型の精子を提供します。自分を含め、親族に遺伝的疾患は確認されておりません。